ナースの毎日ハッピーデイズ

「やめたい」ナースへ贈るリアルなメッセージ

看護師の仕事

ナースの働き方や生き方を考える上でやるべきこと

更新日:

 

前回のコラムではナースが転職する時の心のスタンスとして、
「消去法」を取らないことを挙げました。
さらに「ナースのあなたがどのように生きて働いていきたいのか」を考えることが、大切だということもお伝えしています。

そこで今回はナースが自分自身の働き方や生き方を考える上でやるべきことをお伝えします。

看護職として日々臨床で経験を積むと、
患者さんの状態やケア、勤務で優先順位をつけてやらなければならない仕事を身体が覚えてくれるため、勤務が開始すると身体が勝手に動いてくれるような感覚を体験します。

しかしこれは身体だけが勝手に動いているのではなく、
これまでの経験の積み重ねから、頭の中で瞬時に判断できるようになっているためです。

頭の中で瞬時に判断し、身体が業務に対してスムーズに動くことは、
ナースのあなたが成長した証です。

しかしながら常に瞬時の判断を繰り返して身体を次々を動かしていると、
立ち止まってゆっくり考えるという作業が面倒になったり、難しく思えてくることがあります。

管理人AYAもそうでした。
常に忙しくナースの業務で身体を動かしているため、
何かを説明する時や学生に指導をする時に順を追って伝えることが難しく感じたのです。

学生時代によくやっていた、一度立ち止まってゆっくり考えるという作業を長らくしていなかったためだと思いました。

人に何かを伝える時には自分で意見や根拠を考えて判断し、説明していきます。
意見や根拠を考える時は、一度立ち止まってゆっくり考えることが必要です。
これは日頃から繰り返していないと、鈍ってしまう力なのだと思ったのです。

立ち止まってゆっくり考える」ことは、他人に対してだけではなく、
自分自身にとっても大切な作業になります。

そう、
ナースのこれからの働き方や生き方を考える上で大切な作業なのです。

新人時代には毎月自分の目標を立てて、目標がどのように達成できたのかを評価したり、
定期的に上司のナースと面接をして自分がどのように成長しているか振り返っていたでしょう。

しかし経験年数が増えるにつれて、
目標として掲げるのは業務に関連した目標や業績評価を意識した目標となっているはずです。

ナースとしての経験年数が増えるにつれて、
自分がどのように成長していきたいか、どのように働いていきたいかを考えて、
目標として掲げる機会は減ってしまうのです。

意識して取り組まないと、
日々の業務に追われるだけの毎日になってしまいます。

そこで、ナースのこれからの働き方や生き方を考えるために
手帳やノートを1冊準備して自分の考えていることを書き出してみましょう

これまでどんな経験を積んできたのか、
興味がある資格や勉強会は何か、
今の自分はどんな気持ちで過ごしているのか、
これからどのように働いていきたいのか、
どのように生きていきたいのかなどです。

文字に書き表してみると改めて自分の考えや思いに気がつきます

お気に入りのティーカップにコーヒーや紅茶を準備して、
立ち止まってゆっくり考えながら、
自分の好みの手帳やノートに、
ナースのあなたの働き方や生き方を楽しく書き出していきましょう。

 

-看護師の仕事

Copyright© ナースの毎日ハッピーデイズ , 2019 All Rights Reserved.