エヌハピ

ナースの毎日をもっとハッピーに

看護師の仕事

看護師が転職を決めたら準備は今すぐ!失敗談から学ぶ転職成功への道

更新日:

看護師の転職を決めたけど、準備はどうしたらいいのかわからないと悩みますよね。

なぜなら上司にはまだ退職することを伝えていないし、同じ職場の看護師に相談しても退職がバレてしまう可能性があるからです。

そして今の職場は円満退職をしたいですよね。

今回は看護師の転職と円満退職の準備について詳しく解説していきます。

円満退職をするために、やってはいけない注意点もあわせて解説します。

わたしこと看護師・助産師アヤは総合病院の円満退職に失敗して、転職と円満退職の成功方法に気づきました。

この記事を読んでいるあなたは、失敗談から学んで転職と円満退職を成功させてくださいね。

看護師転職の準備は何から始める?転職と円満退職をすすめる手順

今の職場にバレずに転職と円満退職の準備をするには何から始めたよいのかわからないですよね。

転職を決めたら、転職先を探すことと円満退職の準備を並行してすすめる必要があります。

ここでは具体的に転職と円満退職を成功させるための手順を解説するよ。
AYAKA
りんごちゃん
はい!詳しく教えてください!
具体的な手順は以下の通りだね!
AYAKA

step
1
希望の転職時期を明確にする

まずは転職時期をいつにしたいのか、希望の転職時期を決めておきます。

転職時期の希望を明確にしないと今の職場の退職時期を決められないからです。

また退職を3か月前までに申し出ると今の職場へ迷惑がかかりにくくなります。

転職時期に合わせた退職時期を決めておきましょう。

step
2
転職先の情報収集を行いつつ、上司へ退職の申し出をする

希望の転職時期を明確にしたら、転職先の情報収集を行います。

同時に上司へ退職の申し出をしましょう。

上司に申し出る時はいきなり退職願を提出するのではなく、口頭で退職したいことを申し出ましょう。

退職願は今の職場の退職日が正式に決定してから提出するためです。

step
3
退職願を提出する

上司と相談しながら退職時期が決定したら退職願を提出しましょう。

一般的な退職願の様式で受理してくれる病院もありますが、退職願の様式が決まっている病院もありますので上司に様式を確認した上で提出すると良いですよ。

step
4
職場全体へ退職の報告をする

退職日が正式に決定したら職場全体へ退職の報告をしましょう。

報告のタイミングは上司と話し合い、できるだけ多くのスタッフに伝わる場であることが望ましいです。

朝の申し送り、病棟全体のミーティングなどの機会を活用します。

step
5
転職先の面接を受けるなど転職活動も並行して行う

退職日が決定したら、希望の転職先に履歴書を送付したり面接を受けたりといった転職活動も並行して行いましょう。

退職してから転職するまでの期間をあけたくない場合は退職の準備と並行して転職活動をしないと希望の転職時期に転職できない可能性があるためです。

退職と転職準備が重なりますが、理想の職場を手にいれるためにしっかり転職活動をすすめていきましょう。

step
6
仕事の引き継ぎをする

今の職場で退職の報告が終わったら仕事の引き継ぎをします。

後任の看護師に負担にならないように余裕を持って仕事の引き継ぎをしてくださいね。

また引き継ぎが終了しても退職するまでは後任の看護師のサポートをできる限り行いましょう。

step
7
退職し転職をする

仕事の引き継ぎが終わったら退職日と転職先で働く日を待つのみです。

ここで気をつけたいのは、退職するまでは今まで通り仕事をしっかりやるということ。

退職するからといって手を抜いた仕事をすると、他のスタッフに迷惑がかかります。

退職するその日まであなたにできる仕事を精一杯やるようにしましょう。

失敗談から学ぶ!円満退職と転職を成功させるための3つの注意点

ここでは看護師・助産師アヤが病院を退職した時の失敗談をご紹介します。

わたしは退職する時に3つの失敗をしてしまったことで、悔いのない円満退職を逃してしまいました

失敗談から得た円満退職と転職を成功させるための注意点を3つ解説しますので、ぜひ参考にしてください。

りんごちゃん、わたしの失敗をぜひ活用してね。
AYAKA
りんごちゃん
はい!活用させてもらいます!

注意点1:仲の良い職場のスタッフには時間的な余裕をもって退職を伝える

仲の良い職場のスタッフには時間的な余裕をもって退職を伝えましょう。

わたしは職場のスタッフに退職が早い時期にバレてしまうことを恐れて、仲の良いスタッフに伝える時期が遅くなってしまいました。

職場のスタッフ全員に伝える時期より少し早くに伝えたのですが、退職の1か月半前だったこともあり、仲の良いスタッフはとても驚いていました

もっと早くに伝えておくべきだったと悔やんだ瞬間です。

仲の良いスタッフには時間的な余裕をもって退職を伝えることをおすすめします。

注意点2:職場全体へ退職を報告する時は場所を選ぶこと

職場全体へ退職を報告する時は場所をきちんと選びましょう。

わたしが職場全体へ退職を報告する時、上司や先輩スタッフと相談して、スタッフが一度に多く集まる新年会としました

結果はというと、快く思わないスタッフがもちろんいて人間関係が悪くなってしまいました。

今となっては仕事の正式な場である申し送りなどを選ぶべきだったと後悔しています。

この記事を読んでいるあなたは職場全体へ退職を報告する時の場所選びを失敗することはありませんね。

注意点3:転職先から退職について指示を受ける場合は辞退すべき

転職先から今の職場での退職について指示を受ける場合は辞退すべきです。

理由は転職先と今の職場の両方に合わせた行動をとることで、両方との関係がこじれるためです。

わたしは転職先から今の職場に退職を伝える時期、今の職場から研修などの誘いを受けた場合は断るように指示されました。

転職先からの指示に合わせて行動した結果、わたし自身が板挟みの状態になってしまい苦しい思いをしました

転職先から今の職場での行動について指示を受ける場合は、辞退して新たな転職先を探しましょう。

看護師の転職活動に活用できる3つの方法

転職先を探す方法はハローワークへ行く、自分で情報収集をする、看護師転職サイトを活用する3つの方法があります。

転職先を探し始めるのは、今の職場の退職時期を決めたらすぐに開始しましょう。

退職してから転職先を探し始めても、すぐに希望に合う転職先が見つかるとは限らないからです。

それでは詳しくみていきましょう。

方法1:ハローワークへ行く

転職先を今住んでいる地域にしたいと考えている場合は、ハローワークを活用できます。

ハローワークへ行って利用登録をするだけで、求人を探したり、スタッフにお願いして転職先に質問したいことを代理で聞いてもらったりすることができます。

もちろん無料で活用できますよ。

方法2:自分で情報収集をして転職活動を進めていく

希望の転職先の候補が決まっている場合は、病院のwebサイトで求人情報を確認し、病院に直接問い合わせるといった方法があります。

例えばクリニックへ転職希望の場合、院長の医師と過去に一緒に働いたことがあると面接や問い合わせのやり取りがスムーズにできます。

すでに希望の病院が決まっているなら、自分で情報収集をして問い合わせをした方が就職活動がどんどん進行しますよ。

方法3:看護師転職サイトを活用する

看護師転職サイトは希望の働き方や連絡先を登録するだけで、コンサルタントさんが希望に合った求人を紹介してくれます。

自宅で転職先の情報収集が可能なので、今の職場にバレたくない方や忙しい方にぴったりです。

看護師転職サイトの利用は無料なので、まずは登録してコンサルタントさんに希望の働き方を伝えましょう。

また看護師転職サイトは複数登録しておくことをおすすめします。

サイトによって取り扱う求人が異なったり、コンサルタントさんと合わないと感じたりした時に、他に登録している看護師転職サイトがあるとカバーできるからです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は看護師の転職や円満退職の準備について、失敗談をまじえて解説をしました。

退職する時に適切な対応をしないと、看護師・助産師アヤのように人間関係が悪くなってしまったり、退職するまで働く期間が気まずくなってしまったりします。

看護師の転職をするなら、自分の希望に合った病院を見つけるのはもちろんのこと、今の職場は円満退職をして送り出してもらいたいもの。

転職をすると決めたら、今すぐに準備を始めていきましょう。

あなたの今とる行動が、退職する時にあたたかく仲間に送り出してもらえ、さらには理想の職場を手に入れることにつながりますよ。

-看護師の仕事
-, , , , ,

Copyright© エヌハピ , 2019 All Rights Reserved.