エヌハピ

ナースの毎日をもっとハッピーに

看護師の仕事

看護師4年目になったけど辞めたい…それは100%甘えじゃないです

更新日:

看護師辞めたい。でも4年目だから甘えなのかな」と悩んでいませんか?

辞めたいけど、辞めることを甘えだと思い、まだまだ頑張らないといけないと感じているはずです。

看護師を辞めたいと思う気持ち、それは絶対に甘えではありません。

今回は看護師を辞めることを甘えだと思ってしまう原因、甘えだと思っている人はどういう状況かを徹底的に解説していきます。

この記事を読むことで、辞めたい気持ちが甘えではないことがわかり、自分がどのように進むべきか冷静に判断できるようになります。

実際に看護師を4年目で辞めて、甘えじゃなかったと実感した管理人AYAの経験がありますからね。

りんごちゃん
わたしの辞めたい気持ち、甘えじゃないんですか?

AYA
そうだよ。今回はわたしの体験談を含めて解説するね。

4年目の看護師が辞めることを甘えと思ってしまうのはなぜ?

4年目の看護師が辞めることを甘えと思ってしまうのは、主にこれまでの仕事に対する姿勢が関わっています。

具体的には以下の3つの内容になりますね。

  • これまでの仕事スタイルが作り上げた「何でもやる」があるから
  • 責任感が強くなっているから
  • 真面目に仕事をやっているから

[br num="1"]「わたし、そうだった」と4年目の看護師であれば思い当たるのでないでしょうか。

それでは詳しくみていきましょう。

これまでの仕事スタイルが作り上げた「何でもやる」があるから

新人看護師の時から辞めずに看護師を続けてきていれば、仕事ができるようになるために「何でもやる」という姿勢で仕事に向き合ってきましたよね。

わたしも「何でもやる」といつも思って働いていました。

病棟で緊急事態があったら率先して対応したり、他のスタッフが忙しかったら声をかけて手伝ったりと、後輩が困っていたらアドバイスしたりします。

自分の仕事は当然きっちり終わらせます。

本当に「何でもやる」という言葉がぴったりです。

責任感が強くなっているから

4年目の看護師にもなれば、病棟でリーダー業務を中心的に行うスタッフの一員で、日々働いていると責任感が自ずと強くなっていきます。

責任感が強くなると、「最後までやり遂げなければならない」「自分が辞めたら誰かに迷惑がかかる」と思ってしまい、辞めることを甘えだと感じてしまう。

看護師としての成長に伴った、固定観念を作ってしまうのです。

真面目に仕事をやっているから

看護師を辞めることは甘えだと思っている人ほど、真面目に仕事をしています。

日勤でも夜勤でも、ミスのないようにケアや記録、物品補充など細かいところまで配慮した仕事をしていますよね。

細かいところまで配慮した仕事をしていると、さらに「もっと仕事ができるように」と真面目ゆえに強く思ってしまいます。

結果として辞めたいと思っても、自分は甘えているだけだと錯覚してしまうのです。

【体験談あり】辞めることを甘えだと思う看護師、実は頑張りすぎている

看護師を辞めたいと思っても、辞めるのは甘えだと思っている人って実は頑張りすぎています。

ここでは管理人AYAの頑張りすぎた体験談と、頑張りすぎるとどうなるかについて解説していきますね。

体験談:頑張り過ぎて疲弊しているのに、甘えや逃げは嫌だと思っていた4年目

助産師として総合病院で水分摂取を取る時間もないくらい忙しい勤務を日々こなしていました。

忙しい病棟でしたが、仕事はしっかりやりたいと思っていたので絶対に手は抜きません

4年目になってからは看護研究のリーダーを任されていたこともあり、日勤終了後に研究のために残業して、それから深夜勤へ入るということもありました。

当時、大学院生でもあったのでプライベートで「休む」ということはあまりなかったですね。

甘えや逃げは許されないとキツイと思っても自分を奮い立たせて過ごしていました

しかし4年目の秋くらいから仕事を辞めたい思いが強くなりました。

でも辞めることは甘えだし、逃げだからと我慢して仕事していましたが、結果としてキャパオーバーです。

気がつけば会う人にネガティブなことを言うようになっており、気持ちも落ち込んでいました。

そこで上司に相談して退職したのです。

退職して自分の時間が確保できたことで、冷静にこれからどうしたいのかを考えることができるようになりステップアップへ向けて進むことができました。

辞めることは甘えではないし、次のステップを見つける機会になると実感した4年目でした。

頑張り過ぎると心も身体も疲弊してしまう

わたしのように看護師の仕事から距離を置くことを甘えや逃げだと思っている人は、責任感が強く真面目に仕事をしている人です。

一方で過ぎると、心も身体も調子がダウンしてしまう疲弊につながります

甘えや逃げだと思うあまり、さらに頑張ってしまうんですね。

疲弊してしまうと体調不良を引き起こす可能性も。

自分の心と身体を守れるのは自分だけなんです。

看護師の忙しさと体調不良について詳しく知りたい方はこちらの記事へ。

看護師を辞めることは甘えじゃない

看護師を辞めることは決して甘えや逃げではありません。

今の環境に我慢して、無理をおして働いても自分の心と身体が守れなくなってしまいます。

限界だと感じたなら一度看護師の仕事から離れても良いし、働き方を変えてみても大丈夫

看護師は人の健康を維持したり、促進したりする職業です。

だからこそ看護師が心身ともに元気で仕事ができる状態でなければなりません。

もっと看護師自身の声に耳を傾けてあげましょう。

まとめ

今回は看護師を辞めることを甘えと思う原因、甘えだと思って無理をして仕事を続けた結果の体験談をご紹介しました。

職場のことを考えて、責任感が強くて真面目に仕事をしている人は、看護師を辞めたいと思っても甘えだと考えてしまう傾向があります。

看護師の仕事を辞めずに頑張ってきたからこそ直面する悩みです。

しかしこの記事を読んで、看護師が辞めたいと思うのは甘えや逃げではないことがおわかりいただけだのではないでしょうか。

この記事を参考に、自分が看護師を辞めるのか続けるのかを冷静に考えてみてくださいね。

-看護師の仕事
-, ,

Copyright© エヌハピ , 2019 All Rights Reserved.