ナースの毎日ハッピーデイズ

「やめたい」ナースへ贈るリアルなメッセージ

看護師の仕事

看護師を辞めたい、異動先で馴染めないのはなぜ?解決策も教えます!

更新日:

異動したら職場に馴染めず看護師を辞めたい

2〜3年で異動する総合病院や大学病院の看護師が直面する悩みです。

りんごちゃん
異動した部署の知識はないし、新しい人間関係も大変…馴染めません。

このように感じる看護師はたくさんいます。

看護師・助産師アヤも8年間で異動して職場に馴染めない看護師を見てきました。

今回は異動した看護師が職場に馴染めないと感じる理由と3つの解決策について解説していきます。

記事を読むことで、今の馴染めない状況を変えるための具体的な行動がわかるようになりますよ。

異動した看護師が職場に馴染めないと感じる3つの理由

異動した看護師が職場に馴染めないと感じるのは、仕事、これまでの経験、人間関係が関わっています。

具体的には以下の3つが馴染めない理由です。

異動すると馴染めないと感じるのは?

経験のない診療科で新たな仕事がたくさんある

これまで経験してきたことが活用できないと感じる

新しい人間関係をつくらなければならない

異動した看護師のリアルな気持ちがTwitterでも盛んです。

理由1:経験のない診療科で新たな仕事がたくさんある

看護師は異動することで、これまで働いたことがない診療科に配属され新たな仕事を覚えなければなりません。

経験のない診療科の仕事はわからないことが多く、仕事を覚えるのに時間を要します

これまでは緊急時に迅速に行動できていたのに、異動して経験のない分野になると思うように対応できないこともあり、もどかしい思いをしていますよね。

看護師として適切な対応ができないと異動先に馴染めていないと感じてしまいます。

理由2:これまで経験してきたことが活用できないと感じる

異動によって仕事の内容が大幅に変わると、これまで経験してきたことが活用できないと感じてします。

経験してきた仕事を活用できる機会が減ってしまうためです。

これまで働いていた部署ではほとんどの仕事を把握していたでしょう。

でも異動になり、これまでの経験を活用する機会が減ってしまうことで自分の仕事のレベルが下がったように感じてしまい馴染めないと感じます。

理由3:新しい人間関係をつくらなければならない

異動すると新しい人間関係をつくらなければなりません。

初めて一緒に働く看護師が多いですし、医師や他職種のスタッフも初めてですよね。

これまでの部署では仲の良いスタッフがいたことでしょう。

しかし新しい部署には仲の良いスタッフはいません。

新たな人間関係をつくれるように他のスタッフとコミュニケーションを取らなければならず、ストレスを感じて馴染めないと感じてしまいます。

馴染めない状況から脱出するための解決策を3つ教えます!

総合病院や大学病院で看護師の異動は付きもの。

しかし毎日馴染めないと感じながら仕事をするのは辛いですよね。

ここでは馴染めない状況から脱出するための3つの解決策を解説していきます。

解決策1:これまでの経験を少しでも活用すること

これまで看護師として経験したことを少しでも今の部署で活用してみましょう。

検査や注射など、小さなことでも構いません。

これまで経験してきたことはあなたの中に確実にあります

これまでの経験を活用すれば、慣れない部署でも出来ることと出来ないことが明確になり、効率よく仕事を覚えていけます。

そうして今の部署で仕事をしているうちに、出来る仕事が少しずつ増えて「馴染めない」という気持ちは小さくなっていきますよ。

解決策2:今の部署に馴染めないなら異動願を出す

異動をして今の部署に馴染めず働くことが辛いなら、異動願を出す方法があります。

このまま無理をして馴染めないことに我慢していても体調を崩しかねません。

経験のある部署へ異動願を出すことだってありですよ。

馴染めなくて辛い気持ちを我慢しているなら思い切って、無理なく働ける部署へ異動しましょう。

解決策3:異動のない病院へ転職する

異動することがない病院へ転職することも解決策になります。

異動する度に職場に馴染めないと感じているなら、異動のストレスがない環境で働く方が良いですよね。

特に診療科が決まっているクリニックは異動どころか転勤もありませんし、看護教員も異動や転勤はありません。

毎日職場に馴染めないストレスが強くなるなら、環境を変えて「馴染めない」という気持ちから抜けましょう。

異動がストレスになる看護師に合う職場とは?

2〜3年ごとに異動になる看護師は職場に馴染めないと感じてストレスが大きくなりがち。

異動がストレスになる看護師には転職をして異動のない職場で働くことも方法のひとつです。

ここでは異動のない職場について解説していきますね。

診療科が決まっているクリニックがおすすめ

クリニックは診療科が決まっているため、異動や転勤が全くありません。

だからこそ経験のある診療科で長く働きたい看護師にはクリニックがおすすめです。

クリニックは一つあるいは二つの診療科で運営していることが多く、自分の経験があり得意な診療科を選んで就職することが可能です。

まさに自分の得意を生かす職場だと言えますね。

クリニックで働くことのメリットとは?

クリニックで働くメリットは、異動や転勤のストレスがない状態で働けること総合病院のように係などの患者ケア以外の業務がほとんどないことです。

看護師の仕事は患者ケアが基本ですが、総合病院では異動の機会が多く、係や委員会業務などの仕事も多いのが現状です。

頻繁に異動しなければならない環境、仕事の多さにストレスを抱えて働く総合病院の看護師はたくさんいます。

クリニックでは患者ケアに集中して働ける環境ですね。

クリニックで働くことのデメリットとは?

クリニックで働くメリットもありますが、デメリットもあります。

クリニックはスタッフの人数を最小限にしているため、休日が少ない体調不良の時に代わりのスタッフがいない場合があります。

また、ボーナスや昇給がないといった勤務条件が良くないクリニックもありますね。

ただ看護師として働く時に何を重視したいかが大切なので、異動にストレスを感じてしまう看護師にはメリットの方が大きいです。

まとめ

異動先で馴染めないことは看護師の辛い悩みです。

しかし馴染めないことをひたすら毎日我慢しているだけでは看護師の心も身体も疲弊してしまいます。

あなたはこれまで看護師としてちゃんと経験を積んでいるので、仕事内容は違っても活用できることが何か必ずあります。

これまでの経験を全く活用できず、馴染むための工夫をしても上手くいかないなら、異動願を出したって転職したって良いんですよ。

今から何か少しでも行動をして、馴染めない状況から脱出しましょう。

-看護師の仕事
-, , , ,

Copyright© ナースの毎日ハッピーデイズ , 2019 All Rights Reserved.