エヌハピ

ナースの毎日をもっとハッピーに

看護師の仕事

看護師を辞めたいのは仕事が忙しいから!その忙しさを徹底検証!

更新日:

看護師の仕事が忙しくて辞めたい」と思っていませんか?

看護師を辞めたいと考えている人の理由は様々ですが、仕事の忙しさは必ずといって良いほど辞めたい理由に入っています。

看護師は出勤すると、本当に息をつく暇がないくらい忙しさに追われますよね。

この記事では看護師の仕事がなぜ忙しいのか、忙しさの原因について詳しく解説していきます。

看護師の仕事の忙しさが何に繋がっていくのか、さらには対処方法までご紹介します。

看護師の仕事の忙しさや対処方法を知れば、仕事に対する身体と心の余裕をもてるようになりますよ。

りんごちゃん
日勤も夜勤も毎日忙しくて嫌です。

AYA
そうだよね。看護師って本当に毎日忙しい。

人手不足だけではない?看護師の仕事が忙しい5つの原因

看護師の仕事は本当に「ゆったり」とは無縁ですよね。

看護師の仕事が忙しいのは以下の5つの原因があるからなんです。

    • マンパワーと仕事内容や量が一致していない
    • 看護の現場は突然状況が変化する
    • 看護師の仕事なのかとつい思ってしまう雑務がある
    • 委員会業務などの患者ケア以外の仕事がある
    • 緊急の呼び出しや休日出勤

[br num="1"]それでは詳しく見ていきましょう。

原因1:マンパワーと仕事内容や量が一致していない

どこの医療施設でも看護師は人手不足と言われている現代。

忙しい原因はマンパワーが仕事内容や量と一致していないからです。

勤務開始前に仕事の優先順位を考えますよね。

どう考えても勤務時間内に終わる仕事量ではないと予測がつく日が多いのではないでしょうか。

看護師一人あたりの仕事内容や量ではないと思いつつも、働いて残業する日々です。

原因2:看護の現場は突然状況が変化する

看護の現場は突然変化することがとても多く、その変化に合わせて柔軟に看護師は動きます。

患者の急変対応や緊急入院が例になりますね。

突然状況が変化することによって、看護師は今行っている仕事を中断しなければならないのです。

変化した状況に対応した後に、中断していた仕事を行います。

これを勤務時間内に繰り返すことによって、仕事内容や量が増えて忙しくなってしまうんです。

原因3:看護師の仕事なのかとつい思ってしまう雑務がある

看護師は仕事なのかと疑問に感じてしまうような雑務もこなさなければなりません。

書類のコピー取り、電話対応、受付業務、物品の在庫管理などがあてはまるでしょう。

患者ケアのみに専念できる医療施設もありますが、人手不足が問題で看護師がコピー取りなどの雑務をしなければならない医療施設は少なくありません。

患者ケアだけでも十分忙しいのに、雑務が増えると忙しさは倍増します。

原因4:委員会業務などの患者ケア以外の仕事がある

看護師は患者ケアの他に委員会業務や係の仕事をしなければなりません。

加えて看護研究のメンバーに選出されることもあります。

委員会業務や係の仕事は勤務時間以外にしなければならないことが多いのが現状

勤務時間中は患者ケアを行うのが精一杯だからです。

勤務時間以外にも仕事をしなければならないなんて、忙しさが大きくなるばかりですよね。

原因5:緊急の呼び出しや休日出勤

患者の急変など突然起こる職場での緊急事態や急に休むスタッフの代わりに、緊急の呼び出しや休日出勤をしなければならない機会が看護師にはありますよね。

「せっかく休みだったのに」と不満に思う方が多いでしょう。

勤務中はただでさえ忙しい。

休みの日や勤務が終わってから呼び出しがあると、忙しいという度合いが大きくなっていきます

忙しさに我慢しすぎ!看護師が起こしやすい5つの体調不良

ここでは看護師が起こしやすい5つの体調不良について解説していきます。

看護師は忙しいというのが当たり前になっている状況で、看護師はその忙しさに我慢する毎日

しかし身体と心に負担をかけて忙しさに我慢して働いていると、体調不良につながっていくのです。

その1:便秘や下痢

看護師は生活が不規則な上に、仕事が忙しいとトイレを我慢してしまうことが多く便秘や下痢に悩まされるのです。

管理人AYAの便秘に長年悩んでおり、看護師の職業病なのだと痛感しています。

看護師の便秘改善に興味がある方は以下の記事もあわせてご覧ください。

おすすめ記事

その2:睡眠障害

睡眠障害は夜に眠れなかったり、日中でも眠くて仕方がないといった睡眠に問題があることをいいます。

不規則な生活やストレスが多い看護師にとって睡眠障害は起こしやすい体調不良なのです。

睡眠障害の詳細は以下のサイトを参考にしてください。

睡眠障害:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイト

その3:腰痛

腰痛に悩まされている看護師は多いのではないでしょうか?

患者の移送や入浴介助など、腰に負担をかける仕事が大きなウェイトを占めています

コルセットをして仕事をしているという看護師もいますよね。

年齢に関わらず腰痛は看護師が経験する体調不良です。

その4:心の病気

看護師は身体に負担をかける仕事が多いだけではなく、メンタル面にも負担をかける機会がたくさんあります

精神面に負担がかかってしまいうつ病や適応障害といった心の病気を抱えてしまうことがあるんです。

心の病気については以下のサイトを参考にしてください。

こころの病気を知る:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイト

その5:糖尿病

不規則な生活で食事の時間が乱れてしまう看護師は糖尿病になる危険性が高まります。

食事の時間が乱れてしまうと血糖値が乱れやすくなるためです。

夜勤をしていると夜食をとったり、食事を抜いたりすることがありますよね。

糖尿病については看護師なら詳しいと思いますが参考までに以下のサイトをどうぞ。

糖尿病ってなに?:国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター

できることは実践してみよう!看護師の忙しさへの対処方法

仕事の忙しさになんとか対処したいけど、どうしたらいいかわからないと悩みますよね。

ここでは今日から実践できる5つの対処方法を解説していきます。

実践できそうだと思う対処方法をぜひ試してみてください。

りんごちゃん
忙しくてもできますか?

AYA
家や職場でできることを紹介するよ。

方法1:食事と睡眠をしっかりとる

食べられる時に食事を摂り、疲労を回復できる程度の睡眠時間を確保しましょう。

食事は人間のエネルギーのもとですし、睡眠をしっかり取ることでストレス軽減にもつながります

忙しさを理由に食事を抜いたり、睡眠時間を削ったりすることは避けたいです。

食事を抜く、睡眠時間を削らなければならないほど忙しい職場は転職を考えることも必要です。

方法2:自分なりのストレス発散をする

あなたがやっていて楽しくなることやリラックスできることは何ですか?

自分なりのストレス発散方法を見つけておくことで、精神的なストレスが軽減されます。

家で好きな味のコーヒーを飲んだり、好きな入浴剤を入れてお風呂に入ったりと小さなリラックス方法で構わないので、いくつか用意しておくと良いですよ。

方法3:仕事が始まる前に流れをイメージしておく

出勤して仕事が始まる前に仕事の流れをイメージしておきましょう。

看護師3年目や4年目になると当たり前にできることですが、再確認の意味で載せておきました。

患者の状態や病棟の状況から起こり得る状況を想定しておくことで、忙しくなっても想定した範囲になり、仕事に対するストレスが大きくならずに済みます

方法4:家にいる時は自分の調子に合わせる

休日で家にいる時は自分の調子に合わせて生活しましょう。

無理して起きる必要もないし、無理して外出する必要もありません。

自分の調子に合わせて、やりたいことをやって、ストレスを感じない時間をつくってみましょう

方法5:自分の身体と心に合った病院へ転職する

仕事の忙しさに我慢して限界だと感じているなら、自分の身体と心に合った病院へ転職してみてはいかがでしょうか?

仕事の忙しさに我慢して体調を崩してしまっては、健康な看護師生活を送ることができません。

新しい職場を見つけて身体と心の健康を気遣いながら働く選択肢だってあるのです。

ちなみに管理人AYAは自分に合った病院探しのためにナース人材バンクを利用しました。

看護師転職サイトは転職の全サポートをしてくれることはもちろん、情報収集のみでも可能です。

転職がぼんやりと頭に浮かんでいるなら登録だけでもしておくと、あとから便利ですよ。

まとめ

今回は看護師の仕事の忙しさの原因、忙しさを我慢することで起こりやすくなる体調不良、忙しさへの対処方法について解説しました。

看護師の仕事は忙しいというのは、紛れも無い事実です。

しかし忙しさの原因を知って対処することで、身体と心のストレスを軽減し体調不良を防ぐことだってできます。

「忙しいのは我慢するしかない」と諦めてしまうのではなく、できることを少しずつ実践して健康に看護師の仕事をしていきたいですね。

この記事が看護師の仕事が忙しいと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

-看護師の仕事
-, , , , ,

Copyright© エヌハピ , 2019 All Rights Reserved.