エヌハピ

ナースの毎日をもっとハッピーに

看護師の仕事

看護師辞めたい…3年目の転職はあり?迷う看護師が読むべき転職事情

更新日:

看護師を辞めたいけど、まだ3年目だから迷う」と悩んでいませんか?

3年目の看護師は仕事で独り立ちできるようになり、後輩指導やリーダー業務などの患者ケア以外の仕事も増えてくる時期です。

日々の仕事の忙しさに加えて、責任ある仕事も増えると身体的にも精神的にも辛くなってしまい辞めたくなりますよね

しかし3年目の看護師は2年間の経験ということで、転職しても良いのか悩む経験年数です。

今回は、辞めたくなる理由、転職に向いている3年目看護師の条件、今の職場を辞めるデメリットや先輩看護師が3年目を続けた体験談を詳しく解説します。

さらに3年目の看護師におすすめしたい看護師転職サイトも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むことで自分が転職に向いているのかを知り、今の職場を辞めるべきなのか、続けるべきなのかを判断できるようになりますよ。

りんごちゃん
辞めるかどうかはとても迷います。

AYA
そうだね。辞めるかどうかはわたしも迷ったよ。



Contents

忙しいだけじゃない!3年目の看護師が辞めたくなる5つの理由

3年目の看護師が辞めたくなる理由は以下の5つです。

  • 上司からの要求がどんどん高くなる
  • 人間関係の大変さの我慢できない
  • プリセプターナースとしての責任が重い
  • 他の同級生との間に給料の差ができる
  • ステップアップしたい

[br num="1"]

ただ単に仕事が忙しいという理由だけではありません。

忙しさに加えて責任が大きい仕事が増えたり、他の同級生と比べてしまうといった3年目の看護師が直面する事情があるのです。

それでは詳しくみていきましょう。

理由1:上司からの要求がどんどん高くなる

3年目の看護師になると先輩看護師や看護師長からの要求が高くなりますよね。

リーダー業務を担当する機会が増えたり、委員会業務に割り当てられたりと患者ケア以外の仕事が増えていきます。

仕事が増えるだけではなく、リーダー業務や委員会業務は他のスタッフをまとめながら仕事をしなければならないため精神的に疲弊する看護師は少なくありません。

理由2:人間関係の大変さに我慢できない

3年目の看護師になると、良くも悪くも職場の人間関係がわかるようになり人間関係が大変だと思い知らされます。

看護師になって数十年という大ベテランがお局で、お局看護師の顔色をうかがいながら仕事をする機会は一度や二度ではないでしょう。

必ずといって良いほど直面する人間関係の問題に悩み、辞めたくなってしまいます。

理由3:プリセプターナースとしての責任が重い

3年目の看護師はプリセプター看護師を任されるようになる時期です。

初めての後輩指導に戸惑ったり、どう関わって良いか悩んだりしますよね。

後輩のミスを指摘されて、先輩看護師と後輩看護師との間で板挟みになることも多々あります。

理由4:他の同級生との間に給料の差ができる

「わたしの給料、あの子より低い」と他の同級生との間に給料の差が出始めるのも3年目看護師です。

仕事内容は同じ、もしくは自分の方が忙しいのに給料が低い…なんて思ってしまう。

他の同級生との給料の差は辞めたくなる理由なのです。

理由5:ステップアップしたい

今の職場で経験を積んでいくのか、転職したり進学したりすることで看護師としてステップアップするのか悩みますよね。

3年目の看護師になるとこれからのキャリアをどうするか、ステップアップを考えるようになります。

新しい環境でステップアップするために今の職場を辞めたいと考える看護師もいるでしょう。

転職向きなのかがわかる!転職に向いている看護師の3つの条件

ここでは転職に向いている看護師の3つの条件について解説していきます。

今の職場の環境や自分の経験と照らし合わせてみてくださいね。

条件1:注射や採血を含めた基本的な看護技術ができる

注射や採血を含めた基本的な看護技術ができるのであれば転職に向いています。

各診療科で必要とされる看護技術に違いはあっても、注射や採血はどこの医療施設でも行われていますよね。

基本的な看護技術ができれば転職先の病院に即戦力として働けるアピールをすることができます。

条件2:看護師としてのキャリアを積むために明確な目標がある

これから次のキャリアを積むために明確な目標があれば転職に向いています。

目標を達成するために他の病院での経験が必要なのであれば、転職しても目的を持って働くことができるので新しい経験をどんどん吸収することができます。

条件3:体調を崩している

今の職場で体調を崩しているなら今の職場で無理に働く必要はありません。

看護師の仕事は人の命を預かる仕事。

そのため看護師自身の健康は最も大切なのです。

今の職場が合わずに体調を崩しているなら転職して自分に合った職場を見つけましょう。


3年目の看護師が知っておきたい転職の3つのデメリット

ここでは3年目の看護師が辞めることで起こり得る3つのデメリットについて解説していきます。

デメリットを知った上で、今の職場を辞めるべきなのかをしっかり考えてくださいね。

その1:転職先に経験年数が少ないとみなされる

3年目の看護師は独り立ちをして仕事をしても、経験年数は丸2年です。

今の職場では問題なく一人で仕事をしていても、転職先の病院には経験年数が少ないためできる仕事が少ないとみなされる場合があります。

その2:転職したら新しい人間関係を築かなければならない

今の職場の人間関係が嫌で辞めても、転職したら新しい人間関係をつくっていかなければなりません。

初めて会う人と仕事を一緒にすることにはエネルギーが入ります

転職先のスタッフに受け入れてもらえるようにコミュニケーションをとっていくことが必要です。

その3:辞めてから今の職場の良さに気づくことがある

今の職場を辞めた後にその職場の良さに気づくことがあり、辞めなければよかったと後悔するかもしれません。

辞めたいと思っている時は職場の良い部分はなかなか目に見えないもの

今の職場を辞めてしまう前に、今一度職場の良いところは何かを考えてみましょう。

デメリットだけじゃない?3年目の看護師が転職するメリット

3年目の看護師が辞めることにデメリットはありますが、もちろんメリットもあるので安心してください。

ここでは3年目の看護師が今の職場を辞める3つのメリットを解説していきます。

メリット1:今の職場を辞めることでリフレッシュできる

今の職場を辞めることで身体的にも精神的にもリフレッシュすることができます。

仕事が大変で毎日疲弊していると、頭が仕事のことだけになっていることがありますよね。

今の職場を辞めることで、リフレッシュして次の仕事に向けて体調と気持ちを整えることができます。

メリット2:新しい経験を積むことができる

今の職場を辞めて転職すると、転職先で新しい経験を積むことができるので、看護師としてさらに成長することが期待できます。

新しい経験を積むことで自分の得意な分野や深く勉強したい分野が見つかる可能性がありますよ。

メリット3:視野が広がる

今の職場を辞めることで自分自身の視野が広がるメリットがあります。

いろいろな病院の看護や人間関係を経験することで、今まで自分にはなかった考えに気づきます。

経験年数が少ない看護師の転職は短期間で視野を広げるチャンスなのです。

【体験談】8年目の現役看護師が語る3年目を続けた秘訣

ここまでは転職のデメリットやメリットについて解説してきました。

しかしながら3年目の看護師は今の職場では立派な一人前なので、このまま続ける選択肢もあります。

ここでは現役看護師、助産師の管理人AYAが3年目を続けた秘訣についてご紹介しますね。

AYA
わたしが3年目を乗り切った秘訣を教えるね!

りんごちゃん
お願いします!

秘訣1:辛くなった時は仲の良い先輩や同期に話を聞いてもらう

3年目になると仕事で辛いことやイライラしてしまう機会が増えます。

そんな時は仲の良い先輩や同期に自分の気持ちを聞いてもらいましょう。

辛い気持ちやイライラを引きずってしまうと翌日の仕事に支障が出る可能性が。

自分にとってマイナスな気持ちはその日のうちに消化してしまうことをおすすめします。

秘訣2:プリセプターナースでも責任を全て追う必要はない

わたしがプリセプターナースをやっていた頃、プリセプティの後輩看護師が夜勤でミスをしたことがあります。

しかしミスした夜勤ではわたしではなく、別な先輩看護師と組んで仕事をしていました。

後輩のミスについて一緒に振り返ることはしましたが、詳しい指導は別な先輩看護師が行なってくれたので、わたしも大きな責任を感じなかったんです。

プリセプターナースは後輩指導の全責任を負う必要はありません

秘訣3:一度自分のことを振り返る

わたしは3年目になった時に、後輩指導や実習指導を担当することになったのがきっかけで、自分のことを簡単に振り返りました。

具体的には自分のこれまでの行動や仕事での判断を振り返り、自分のしていることが他の人にはどのように映っているのかを考えたのです。

そのおかげで課題も見つかり、意識して改善したことで3年目が終わる頃には看護師・助産師としてかなり自信をつけることができました。

転職すると決めたならおさえておきたい転職成功の3つのポイント

3年目の看護師が転職する時のデメリットとメリットを踏まえた上で、転職すると決めたなら転職成功の3つのポイントをおさえておきましょう。

  • ポイント1:教育制度や研修制度が充実した病院を選ぶ
  • ポイント2:自分がどのようなキャリアを積んでいきたいかを明確にする
  • ポイント3:転職を希望する病院の情報をしっかりリサーチする

AYA
転職成功のポイントをしっかり確認しておこうね。

りんごちゃん
わかりました!

ポイント1:教育制度や研修制度が充実した病院を選ぶ

転職するなら教育制度や研修制度が充実した病院を選びましょう。

3年目の看護師といっても、新しく経験する診療科の看護には不安がつきものです。

教育制度や研修制度が充実した病院へ転職して無理なく新しい経験を積んでいけるようにしましょう

ポイント2:自分がどのようなキャリアを積んでいきたいかを明確にする

転職する時にはこれから自分が看護師としてどのようなキャリアを積んでいきたいかを明確にしておくと良いです。

「こういう看護を学んでみたい」、「あの病気の治療と看護を学んで認定看護師になりたい」などです。

明確な目的がないまま転職しても、また職場が嫌になってしまい転職を繰り返すことにつながってしまいます。

ポイント3:転職を希望する病院の情報をしっかりリサーチする

転職して後悔しないためにも、転職を希望する病院の情報をしっかりリサーチしておきましょう。

勤務条件、給料や人間関係など気になる情報をリサーチして、自分が納得して転職できるようにしておくべきです。

できることなら病院見学までできると、職場の雰囲気がつかめるでしょう。

しかし、給料や人間関係は転職先の病院に直接聞きづらいですよね。

そこで頼りになるのが、ナース人材バンクなどの看護師転職サイトです。

あなたと病院の仲介役になってくれて、知りたい情報を代わりに聞いてくれます。

初めての転職に強い味方!3年目看護師におすすめする看護師転職サイト3選

看護師転職サイトは転職を希望する病院の情報収集から入職まで全てをサポートしてくれます。

初めての転職はどうしたらよいかわからず戸惑うことも少なくありません。

3年目の看護師におすすめしたい看護師転職サイトを3つご紹介するので、転職を決めたら早速登録してみましょう。

ナースJJ

看護師転職サイト『ナースJJ』は、転職に成功すると転職ボーナスが最大35万円もらえるという転職支援金に魅力があるサイトです。

転職ボーナスがもらえたら、転職先での仕事に関する参考書を買ったり、ナースシューズなどの仕事に必要なグッズの新調もためらわずにできたりしますよね。

さらにナースJJの情報量は業界No.1で、転職活動は匿名でできるのも魅力的。

ナースJJが転職希望者に代わって、知りたい情報を医療機関に確認してくれるのは転職が初めての看護師でも安心して転職活動ができます。


ナース人材バンク

ナース人材バンクは年間10万人を超える看護師が利用している国内最大級の看護師転職サイトです。

ナース人材バンクは管理人AYAが転職活動をした時に、最もお世話になったサイト。

面接日程の調整から履歴書の確認、面接の練習まで細やかにサポートしてもらいました。

メールや電話連絡の返答も早く、近くでサポートしてもらっているような気持ちになり転職活動に前向きに取り組むことができましたよ

転職を決めたらぜひ登録しておきたいサイトの一つです。


ジョブメドレー


看護師転職ジョブメドレーは2万件を超える看護師求人を取り扱い、看護師以外の医療介護職の転職案件も取り扱っている転職サイトです。

ジョブメドレーの良いところは、お仕事探しを自分で行うことができる看護師転職サイトであるということ。

多くの看護師転職サイトは、転職サイトの担当者に希望の案件を探してもらうので希望に一致する案件が見つかるまで時間がかかることもあります。

ジョブメドレーなら自分で希望に合う病院を探すことができるので、自分のペースでぴったりの合う案件を見つけられます

さらにLINEで気軽に相談できたり、転職のお祝い金制度があるのも魅力ですね。


まとめ

3年目の看護師は仕事が忙しいだけではなく、上司からの要求が高くなったり、人間関係に悩んだりとさまざまな理由で看護師を辞めたくなります。

転職をすることのデメリットとメリットをしっかり理解した上で転職するのかどうか、自分の気持ちも確認して決めてくださいね。

転職を決めたら、転職に成功できるように早速準備を初めていきましょう。

この記事が看護師を辞めるかどうか迷っている3年目看護師の方の参考になれば幸いです。

-看護師の仕事
-, , , ,

Copyright© エヌハピ , 2019 All Rights Reserved.