エヌハピ

ナースの毎日をもっとハッピーに

助産師の仕事

看護師が助産師になる方法:学校や仕事はどうしたらいい?

更新日:

 

看護師から助産師として仕事をしたい!でも学校や看護師の仕事はどうすればいいのかわからないですよね。看護師が助産師になるための最初のステップは助産師学校に入学することです。今回は4年制大学で看護師と助産師の免許を取得した管理人AYAが、看護師が助産師になる方法について解説していきます。

看護師が助産師になる方法

看護師が助産師になるためには、助産師国家試験を受験して合格し、助産師免許を取得しなければなりません。
助産師国家試験の受験資格を得るためには、助産師学校で所定の単位を取得する必要があります。
ここでは看護師が助産師になる方法の3つのステップをご紹介しますね。

ステップ1:助産師学校へ入学して所定の単位を取得する

助産師国家試験の受験資格を得るためには助産師学校へ入学して所定の単位を取得しなければなりません。

助産師学校には4年制大学、大学院、短期大学専攻科、専門学校の4種類の学校があります。
各学校とも厚生労働省が定める単位の授業や実習が同じようにありますが、学校によって学習期間を含めて授業の構成や内容、実習時間には違いがあります。

4年制大学で看護師が助産師になる勉強をするためには、大学の3年次編入試験を受験して合格したのち、助産師の選択コースへ進むこととなります。
編入したからといって助産師のコースに進めるわけではなく、さらに選抜試験を受けて合格した者だけが助産師コースへ進んで勉強をするという大学がほとんどです。
2年間かけて助産師国家試験の受験資格に必要な単位を取得していきます。

大学院は4年制大学と同じように2年間の学習期間となります。
助産師国家試験の受験資格に必要な単位の取得と同時に、研究をして論文を執筆することも必要となります。

短期大学専攻科や専門学校は1年間の学習期間となります。
1年で助産師国家試験の受験資格に必要な単位の取得を目指すため、授業や実習が1年に凝縮されて集中したカリキュラムであり、4年制大学や大学院に比べるとややスケジュールがハードです。

ステップ2:助産師国家試験を受験して合格する

助産師学校で助産師国家試験の受験資格が得られたら、助産師国家試験を受験して合格しなければなりません。
助産師国家試験は毎年2月中旬に行われ、看護師国家試験と同時期となっています。
看護師国家試験と同様に午前問題と午後問題があり、6割以上の正答で合格となります。
2018年の第101回助産師国家試験は143点のうち86点以上が合格基準となっていました。

ステップ3:助産師として働く病院に採用される

助産師免許を取得したら助産師として働く病院の採用試験を受験して合格すると、助産師として働くことができます。
病院によっては助産師学校への支援をする代わりに助産師になったら同じ病院で助産師として勤務することを認めてくれる病院もあります。
今あなたが勤務している病院に産科があるなら、同じ病院で働くこともできますし、別な病院で働くことも選択肢としてあります。
また病院の採用試験は国家試験よりも以前に実施されることがほとんどです。
厳密に言うと先に病院を内定をもらってから、助産師国家試験に合格するという流れになります。

助産師学校での学習内容と学費:看護師をしながら学校に通える?

助産師学校では1年から2年で、たくさんの知識と技術を学習します。
妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期など各時期の医学的な知識や助産師としてのケアを学んでいきます。
実習では実際に分娩介助を10例程度実施するため、長期間の実習となり、昼夜問わず実習を行います。

学費のことを心配して看護師として勤務しながら助産師学校に通いたいと思うかもしれません。
しかし助産師学校で学習するのであれば、看護師として常勤の勤務を続けることはできません

この理由ですが、助産師学校では短い期間で多くの知識と技術の習得が求められることから日中はほぼ授業があり、分娩介助の実習では昼夜問わず実習を行うため、看護師として勤務する時間の確保ができないからです。

学費を補うのであれば常勤ではなく、パート勤務やアルバイトにして助産師の学習に支障が出ない範囲で働くことをおすすめします。

それだけ助産師の勉強は内容が濃く、集中して取り組まなければならないのです。

学費は4年制大学の国立大学の場合、入学料が282,000円、1年間の授業料が535,800円なので2年通うと1,353,600円になります。
大学院の場合は国立大学大学院であれば、授業料が4年制大学と同様となり1,353,600円となります。
短期大学専攻科、専門学校は私立であれば国立大学の2倍以上学費がかかる場合もあります。

自分が入学した学校の学費を事前に情報収集して、学費の準備を計画的に行うようにしましょう。

助産師学校の入学試験の内容

助産師学校の入学試験ですが、多くの学校では看護師としての専門科目の試験に加えて小論文や面接を取り入れています。
大学院の受験の場合は研究も授業の一環として入るため、研究計画書をもとに面接があります。
4年制大学へ編入し、助産師コースへの選抜試験がある学校では、専門科目と面接の試験が行われています。

産科看護師をしてから助産師になるべき?

助産師になる前に産科で看護師として働くことは必ずしも必要なことではありません。

助産師になってから産科で働いても特に問題ないからです。

看護師としてのキャリアはあっても助産師としてのキャリアはゼロからスタートです。
あなたが助産師として産科に配属されると先輩助産師は新人助産師として接していきます。
もちろん看護師としての経験を活用できますが、助産師ならではの判断力は、やはり助産師として積み上げていくしかないのです。

もし助産師になる前に助産師の仕事を勉強したいという気持ちがあったり、産科に配属される機会があったりするのであれば、良い機会としてぜひ活用するといいです。

まとめ

いかがでしたか?
看護師が助産師になるためには、助産師学校へ入学してから助産師として病院で働くまで3つのステップがありました。
管理人AYAは4年制大学で看護師と助産師、さらには保健師の勉強を同時にしたので大変なことも多くありました。
看護師の免許を持っていれば、その知識と技術が土台になりますし助産師の勉強に専念できます。
自分にあった助産師学校を見つけて、助産師を目指してくださいね。

-助産師の仕事

Copyright© エヌハピ , 2019 All Rights Reserved.