ナースの毎日ハッピーデイズ

「やめたい」ナースへ贈るリアルなメッセージ

看護師の仕事

看護職が転職する時の心のスタンス

更新日:

 

看護職と転職は切っても切り離せない関係です。
看護職として働いていると、転職について考える時期が必ずありますし、
新卒から同じ勤務施設で働いている看護職は、看護職が10人いたらおそらく半数以下です。

そのくらい看護職と転職は深く結びついているのです。
この記事を読んでいるナースのあなたも、
転職を決めた、あるいは転職するか迷っているはずです。

では看護職が転職する時に大切な心のスタンスとはいったい何か?

答えは、

「こっちが嫌だから、あっちにする」

という消去法で選択をしないことです。

消去法はいくつかある選択肢の中から、
答えを決定するために選択肢を削除して残った選択肢を答えとする方法です。

広辞苑には以下のように掲載されています。

複数個の中から選ぶとき、マイナス点の多いものを順次除外し、最後に残ったものをよしとする方法。

ここであなたに気がついてほしいことは、
マイナス点に焦点をあてている
ということです。

看護職の日々の仕事を考えると、悪い部分に焦点をあててしまいがちです。
しかしながら選択肢の悪い部分だけに焦点をあてると、
選択肢の良い部分、つまりプラスの部分が見えにくくなってしまうのです。

どんな職場にも良い点と悪い点があります
良い点に気がつかず、悪い点だけが強調されることによって、
職場が嫌になってしまい転職する。
転職してもまた悪い点が目に入るようになり、嫌になってまた転職する。
これを繰り返してしまうことに繋がってしまうのです。

実際に管理人AYAも消去法で転職して、失敗したことがあります。
勤務していた施設の悪い部分ばかりに焦点をあててしまったのです。
・人が足りず、仕事が忙しすぎる
・給料が低いと感じる
・勤務時間以外で委員会などの業務をしなければならない

その職場から離れてみて考えると良い部分はたくさんありました。
・毎月ちゃんと給料が入るしボーナスもある
・毎年夏休みが取得できる(多い年だと8日〜9日間取得できました)
・職場の雰囲気はアットホームで居心地が良い
・いつでも気軽に先輩に相談できる環境がある
・医師とのコミュニケーションが取りやすい
・緊急時の時はスタッフが一致団結してスムーズに対処できる

当時の私は良い部分に気がつかず、
「こっちが嫌だから、別なところがまし」
そんな心のスタンスで転職したのですが、もちろん結果は良くありませんでした。

これまで毎年取得できていた夏休みはほとんど取得できなくなり、
給料は下がってしまい、
精神的に追い詰められて体調を崩してしまったのです。

このような状況になって初めて間違った考え方をしていたことに気がつきました

今この記事を読んでいるあなたには、
管理人AYAと同じ失敗はしてほしくありません。

では消去法ではなく、どのような方法で転職先を決めたらよいのか?

それは、「あなたがどのように生きて働いていきたいのか」を基準にすることです。

例えば管理人AYAの場合だと、以下の通りです。
・私を必要としてくれる職場であり温かく迎えてもらえる職場
・自由に海外と日本を行き来して生活する
・助産師としての仕事のみに集中できる
・給料はこれまでよりプラス10万円になる

自分のどのように生きて働いていきたいのかという基準を決めたら、
本当に自分の基準にあてはまる職場が見つかりました。

今はまた別な生き方と働き方を目指しているので、
そのためにいろいろと行動しています。

「どのように生きて働いていきたいのか」はあなたが基準です。
・午前中だけ看護職の仕事をして午後は趣味の時間に費やしたい
・看護職としてのキャリアを積み上げて昇格し、将来は管理職としてマネジメントしたい
・留学を許可してくれる職場で働きたい
・大学院に通いながら勤務できる職場で働きたい
・休みは少なくても良いからとにかく稼ぎたい

このようにいろいろな看護職の生き方と働き方があります。

ただ闇雲に今の職場が嫌だという理由だけで、転職しても同じことを繰り返すだけです。

まずは、今の職場の良い点と悪い点を把握して、
あなたがどのように生きて働いていきたいのかをじっくり考えてみてください

今の職場の良い点がわからない方は、
第三者に聞いてみると気がつくかもしれません。
今の職場の状況を話してみて、第三者の方の意見を聞いてみてはいかがでしょうか?
「そういうところも良いところなんだ」
と、新たな発見があるかもしれません。

良い点や悪い点を把握して、どのように生きて働くかが決まったら、
自分で新しい職場を探すのも良いですし、転職サイトの力を借りるのも良いと思います。
また今の職場で働くままが良いという答えになるかもしれません。

消去法はせずに、まずは今の職場の現状やあなた自身がどのように生きて働きたいのか、
向き合うことから始めてみましょう。

ナースのあなたの毎日がHappyになりますように。

-看護師の仕事

Copyright© ナースの毎日ハッピーデイズ , 2019 All Rights Reserved.