エヌハピ

ナースの毎日をもっとハッピーに

看護師の仕事

ナースに英語の勉強は必要なの?

更新日:

看護師として働くようになると、学生時代に勉強した英語は使う場面がほとんどありません。そのためか働くと英語は遠い存在のようになっていきますよね。カルテに書いている英語が理解できれば仕事に支障はありませんか?今回はナースに英語の勉強は必要なのかについてお伝えします。

ナースに英語の勉強は必要ない?

学生時代は英語が授業に組み込まれており、必然的に英語の勉強をしていましたよね。
看護師になって医療施設で仕事をするようになると、
英語に接する機会が大きく減ってしまいます。
看護師の仕事を始めてから英語の勉強を継続している人は周囲にもいないことがほとんどです。

では看護師に英語の勉強は必要ないのでしょうか?

これからの時代、看護師には英語の勉強は必須ともいえることなのです。

ナースに英語の勉強が必要なのは3つの理由があるから

ここでは看護師に英語の勉強が必要な3つの理由について解説していきます。

理由1:外国人患者が増えてきている

厚生労働省によると、在留外国人と訪日外国人は増加傾向にあり、
日本に訪れる外国人は増えてきているのです。
日本に訪れる外国人が増えると、それだけ医療施設に訪れる外国人も増えます
管理人AYAの経験ですが、
総合病院で助産師をやっていた頃に日本語がわからない外国人の方を数名担当したことがあります。
数名は決して多い数字ではありませんが、
たった一人でも日本語がわからない外国人の方に対するコミュニケーションは大変苦労します。
治療や看護ケアを提供するときに、
言葉が通じないということはリスクにもなるのです。
管理人AYAの場合は他のスタッフと協力しながら、
入院のスケジュールなどについて英語のパンフレットを作成したり、
英語でコミュニケーションをして対応していました。

理由2:進学するとき、進学後に英語は必要になる

看護師には進学という、働く以外にも道があります。
大学院への進学、助産師や保健師を取得するための学校への進学です。
特に大学院への進学を希望するのであれば、
入学試験の必須科目とも言える英語の試験を突破しなくてはなりません。
さらに大学院へ進学した後は、研究のために英語の論文を読む機会が増えます。
また学会等で外国人の研究者と接することもあるのです。
あなたが進学を考えているのであれば、英語の勉強は必要不可欠になるのです。

理由3:将来は外国人看護師と一緒に仕事をする可能性がある

現在、日本では看護師が不足していると様々な場所で唱えられています。
看護師の確保として離職防止や復職支援といった対策が行われていますが、
それでも看護師の確保が難しいのであれば、
外国人看護師を確保する可能性が十分にあるのです。
日本の医療現場に外国人看護師が入る場合、
日本語の習得が求められることになります。
しかし外国人看護師が慣れないうちや患者とコミュニケーションがうまくできないときには、
世界共通語といわれる英語でコミュニケーションをとる必要がある機会が出てくるでしょう。

まとめ

今回は看護師に英語の勉強は必要なのかについて、
3つの理由をもとに英語の勉強の必要性について解説しました。
英語の勉強の重要性が様々なところで取り上げられていますが、
ナースももはや英語の勉強は必須といえるでしょう。
この記事を読んで英語の勉強に興味が沸いたら、簡単にできる勉強から始めてみてくださいね。

 

-看護師の仕事

Copyright© エヌハピ , 2019 All Rights Reserved.